日ナレ

日ナレ 関連オーディションの二次審査を通過できない原因とは?

皆さんこんにちは!

ステムです!

今回は

皆さんから質問でいただいた

関連オーディションの二次審査を通過できない原因

についてお話ししていこうと思います!

ステム
ステム

え~単刀直入に言います…

 

期待しかないですよ!!!

 

なぜ期待できるのかというと

現状の自分が自信を持っている声とアピールポイントが声優として通用するのかどうか事務所の方に基礎科という早い段階で判断してもらえたからです。

2次審査の内容はプロフィール、ボイスサンプル、自己PRだったと思いますがこれらを評価した上で落としたということは、はっきりと現段階の声やアピールポイントでは声優として通用しないよと言っているようなものです。

だからといって落ち込まないでください。

これは、2次審査を経験していないともらえない評価ですし成長できるチャンスだと思っていいです。

だって関連1次審査で落ちてしまったら自分の声が声優として通用するのかどうかはっきりと知ることができないわけですから。

話は少し変わりますが声優を目指している人って多少なりとも自分の声に自信があるから目指そうと思うわけですよね?

そんな人たちが沢山いるのが日ナレなどの養成所なわけで皆さん自分の声が声優として通用するんじゃないかと心のどこかで思っているから入所したんだと思います。

でも、ほとんどの人は事務所関係者の方からボイスサンプルを聞いてもらえません。

つまり関連1次審査で落ちてしまうと声だけのお芝居で勝負することすらできないのです。

もちろん進級審査は事務所の方も審査員として来ますがそこで披露するのは生のお芝居なのでボイスサンプルとは異なります。

関連1次審査で落ちてしまった方に陥りがちな考え

それは、ボイスサンプルさえ聞いてもらえれば自分は評価されるはず、通過できなかったのは運が悪かっただけだと思い込んでしまうことです。

そんな考え方の人そこまでいないでしょ?と思われるかもしれませんが意外といます。

なぜかというと養成所は自分の声に自信がある人たちが集まる場所だからです。

でも皆さんの声が声優として通用するか、しないかなんて審査員の方にしか分からないのです。

今まで周りの人たちからいい声だね、声優さんみたいだねと声を褒められてきた人は多いと思います。

しかし、事務所に所属させるかどうかを決めるのは審査員の方であって今まで褒めてくれた人たちではありません。

何が言いたいのかというと現状の声に満足しないでいただきたいということです。

関連会社に所属できなかったのは現段階で自分の声が声優として通用していないからです。

関連会社オーディションに落ちてしまった方は運が悪かっただけだと言い訳せず、自分の実力のなさを素直に認めてください。

認められないままだとまた次の審査も落ちてしまいます。

僕がまさに認められなかった人でした。

基礎科の時に1次審査で落とされた僕は、

ボイスサンプルさえ聞いてもらえば良い評価がもらえたはずなのにと思っていました。

自分の声に自信があっただけに声優として通用しないことを認めたくなかったんだと思います。

だから何も成長できないまま次の関連会社オーディションを受けてまた落とされてしまいました。

2次審査を経験して落とされたのであれば現段階の声では声優として通用しないことがはっきり分かります。

でも通過できなかった人は声優として通用するのかどうかはっきりと分からないため、自分が落とされたのは運が悪かっただけだと言い訳しがちです。

現段階で通用しないことが分かっている人は、自信のある声をさらに磨いてもう一度挑戦しよう、全く違った声に挑戦してみようなど今後の方針を次の関連会社オーディションまで考えるはずです。

つまり2次審査を経験して現段階の声じゃ通用しないことが分かっている人と1次審査で落とされて声だけで通用するのかどうか分からない人では大きな差が生まれる可能性があるということです。

なぜ多くの人が二次審査で落とされるのか?

先ほども言いましたが二次審査の内容はプロフィール、ボイスサンプル、自己PRだったと思います

多くの日ナレ生は、それらの何かが基準値を満たしていなかったから落とされてしまうわけです。

質問者様は何が足りなくて落とされてしまったのか原因はなんとなく分かっていますでしょうか?

もし分かっているのであればその原因である何かを次の進級審査までの期間で克服して下さい。

原因が分からないのであれば改めて自分の強みを見直してみて下さい。

自分が得意だと思っていることが他の人にとってはそうでもないと思われてるかもしれませんからね。

ここからはあくまで推測ですが推薦される(関連1次審査を通過できる)レベルであればプロフィールや自己PRは基準値をある程度満たしている気はします。

ですのでボイスサンプルがまだ最終審査に進める基準値を満たしていなかったのではないかと思います。

今はどうか分かりませんが日ナレの審査用ボイスサンプルは20秒原稿を2or3個だった気がするのでその内容を見直してみましょう。

収録する順番も大切ですし名前の部分も手を抜いてはいけません。

基本的に審査する事務所側の方は皆さんのボイスサンプルを最後まで聞いていません。

たった1~2分なんだから全部聞いていそうに思いますが関連1次審査通過者(1500~2000人)のプロフィール、ボイスサンプル、自己PRを全て聞くのはとても大変です。

僕が事務所のマネージャーさんや制作スタッフの方に聞いたお話ですが

ステム
ステム
毎年オーディションを行なっていると思いますがボイスサンプルって全て聞かれていますか?

マネージャー
マネージャー
いや、興味を持った人しか最後まで聞かないよ。だから基本的には1つ目のセリフまでかな。

名前聞いた時点で落とす人もいるぐらいだからね。

ですので名前と1つ目に入れた台詞orナレーションに全てをかけるぐらいの気持ちで収録しないと間違いなく落とされてしまいます。(プロフィールと自己PRがずば抜けて魅力的ならボイスサンプルがまだ未熟でも多少の補正はかかると思いますけどね笑)

それと皆さんに質問なのですがプロフィール、ボイスサンプル、自己PRをいつ考えていますか?

ほとんどの方が1次審査を通過した後で考えていると思います。

1次審査を通過した皆さんはご存知だと思いますが1次審査を通過してから2次審査の締め切りまでの期間ってすごく短いですよね?

確か1週間ぐらいだと思います。

その1週間という短い期間で焦って考えてもクオリティの高いものってなかなかできないはずです。

2次審査でほとんどの日ナレ生が落とされてしまう原因は

圧倒的な準備不足です。

もちろん声優は短い期間で役作りをして求められていることに答える力も必要です。

しかし、この関連会社オーディションは毎年開催され、時期も事前に分かっているはずです。

入所したばかりで分からない方もいるかもしれませんが少しネットで調べれば詳細が出てきます。

関連会社オーディションは毎年1月に行われますが4月のレッスンが始まってから関連会社オーディションまでの期間って結構ありますよね?

関連会社オーディションまでの期間でプロフィール、ボイスサンプル、自己PRを考えている人と関連1次審査を通過してから考え始める人とでは圧倒的な差があります。

ですので皆さんには関連会社オーディションに通過してから考え始めるのではなく事前に考えていただきたいです。

2次審査の審査内容は事前に考えておけるものしかないので何をアピールすれば自分の魅力が伝わるのかを常に研究しましょう。

特にボイスサンプルの原稿は自分で用意できますし、どんな風に演じるのかも自由です。

原稿はどこかから引用した文章でも、自分で考えた文章でもどちらでも大丈夫です。(僕は自分で考えた文章をオススメします)

先程も言いましたが審査員の方はボイスサンプルを最後まで聞いてくれないので1つ目のセリフorナレーションは特に重要です。

原稿を考えたらその文章をどのように話したら相手により伝わるのか、役作りをしながら研究してください。

自分が用意した役と向き合う時間が長い方が発した言葉の重みが出ると思います。

僕が日ナレ生だった時は、関連会社オーディションに落ちたと分かった日から次の関連会社オーディションに向けてのボイスサンプルを考えていました。

役と向き合っている時間が長いと、この役ならこっちの言葉の方が相手に伝わるんじゃないか、こういう感情になるんじゃないかなど、自分が文章を読んでいる時に思ったりします。

こういうのって何回も文章を読んで、録音したものを聞くという作業をしているうちに気づけることだと思います。

そして何回も微調整を繰り返していくうちに自分の中でベストなお芝居ができるようになります。

長期間考えれば必ずクオリティの高いものができるわけではないですが考える時間が長ければそれだけ気づけることも多いはずです。

ですので皆さんには、次の関連会社オーディションに通過する前提でプロフィール、ボイスサンプル、自己PRを事前に考えていただきたいと思います。

この記事を見た今この瞬間からですよ!!

この記事を見て実際に行動できる方は少ないと思いますがライバルである他の日ナレ生との戦いは既に始まっています。

落ちてからあの時準備しておけばよかったと後悔したくない方は関連会社オーディションに通過するための準備を今から始めていきましょうね!

最後までこのブログを見ていただきありがとうございます!

 

それではまた!